すっぽんはいつから料理として食されるようになったのか

MENU

すっぽんはいつから食べられるようになったのか

すっぽんは日本や中国では、はるか古来より食べられていたようです。

 

日本列島に関しては縄文時代中期の貝塚や弥生時代の貝塚といったものから出土しているそうです。
すっぽんは主に西日本の食習慣でありましたが近世には関東地帯へも供給され、東京都葛飾区青戸の葛西城跡であれば中世末期より近世初頭の数々のすっぽんが出土しているようです。

 

すっぽんは甲羅、爪、膀胱以外は全部食べることができるのが特徴です。

 

すっぽんを細分化することを専門用語では「四つ解き」と言う風に言います。高級すっぽん料理店に行かれたことがある方は経験があるかもしれませんがすっぽんの活血を日本酒といったアルコールで割って出てきたりしますね。

 

専門店や見識のある店では食前酒としてそのように出されるところが多いようです。

 

滋養強壮の食べ物とされていますが中国では周時代からすっぽん専門に調理する人がおり古くからすっぽん料理が食されています。

 

すっぽんサプリ選びに迷ったらこちらをチェック!

すっぽんサプリ