すっぽんに含まれるビタミンB6の働きについて

MENU

すっぽんに含まれるビタミンB6の働きについてまとめました

すっぽんを食べることで、たくさんの働きを持つビタミンB6を効率的に摂取できます。

 

ビタミンB6は栄養成分の分解や代謝に関連している成分です。

 

人間の体作りに欠かせないたんぱく質は、筋肉や血液、皮膚などを構成する成分ですが、そのままの状態では使用できないため、利用しやすいように違った形に変える必要があります。

 

ビタミンB6は変換を行う酵素を手助けし、代謝をスムーズにさせる働きがあり、タンパク質を過剰に摂取した時には、分解してエネルギー源として役立ててくれます。

 

タンパク質だけでなく、炭水化物や脂質など色々な成分の分解に関わっていますが、特にタンパク質の分解が大きな働きとなっています。

 

こうした肉体的な部分だけではなく神経伝達物質にも関係していて、情報をスムーズに伝える役割があります。

 

さらにホルモン分泌に関わる働きもあり、肌の新陳代謝を促進してくれます。

 

女性の場合は月経の周期や排卵にも影響を与えていて、成分が十分に満たされていると、心や体の安定につながります。

 

ビタミンB6が不足していると、代謝がうまく回らずに皮膚の生成やエネルギー変換が滞り、肌荒れやニキビ、口内炎などが発生します。

 

神経に影響が出た時には痙攣発作やうつ状態になることもあり、ホルモン分泌が安定しないとイライラや頭痛などの月経前症候群の症状が出る場合もあります。

 

免疫機能も低下してくるためアレルギーが発生しやすい状態になり、ヘモグロビンの生成が減少して貧血になることもあります。

 

すっぽんには、ビタミンB6の他にもビタミンB1やビタミンB12が含まれているので、バランスよく成分を吸収できます。

 

皮膚や粘膜の再生を助ける成分になり、すっぽんの代表的な成分になるコラーゲンと一緒に摂取すれば、さらに美肌効果が高まります。

 

ビタミンB6が不足した時の肌荒れや月経前症候群の解消には、すっぽんを使った料理やエキスの入ったサプリメントの利用で成分を補えます。

すっぽんサプリ選びに迷ったらこちらをチェック!

すっぽんサプリ